六義園の紹介

ptr

以前に書いた椿山荘のアフタヌーンティーが好評で味をしめたので六義園について紹介します。緊急事態宣言により入場に予約が必要になったりしています。最新の営業状態に関しては公式Twitterなどを参照してください。

正門をくぐってすぐに大きなしだれ桜があります。東京のお花見スポットとしても有名だと思います。ちなみに駒込は旧地名が染井村でソメイヨシノ発祥の地だそうです。そのあたりの話は東京とりっぷさんが詳しく記載されてますのでそちらをご参照ください。

イベントの時は開園時間が延長されライトアップされます。とてもきれいで最初に見た時は圧倒されました。

紅葉

六義園は紅葉でも有名です。以前に職員の方から「紅葉を見るために京都に行く人もいるけれど私はここで十分」といったお話をお伺いしました。私は京都の紅葉を見たことがないのですが、六義園の紅葉が十分綺麗だということは同意します。

紅葉の時期もライトアップしますが、昨今の状況ではどうなるのか分かりませんよね…

edf

雪と紅葉(結構貴重)

東京は雪が降ることは降るのですが大体1月や2月で紅葉の時期から外れています。ですが2016年は珍しく紅葉の時期に雪が降りました。その時の写真を投稿します。

その他の画像

桜や紅葉以外の時期でも何かしらの花が咲いていたり池の鯉など見どころはたくさんあります。

詳細情報

六義園は山手線駒込駅から徒歩7~8分で着く庭園です。桜や紅葉の時期は駅にもっと近い染井門が開いたりします。このご時世なので営業時間は公式サイトで最新の情報を確認するのが確実です。現時点での営業時間などを下記に記します。というよりコピペします。

開園時間
午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)

入園料
一般    300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

参照サイト
六義園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。