ベネワンの良さげなニュースがいろいろでてるけれど値動きがいまいち

最近はベネワンの株価が伸び悩んでいますね。どうしようもないので気長に待っています。業績自体は良いので手放すつもりはありません。

決算関係について

11月4日に決算が発表されました。営業利益が前年同期と比べて54.7%も増えており株価上昇を期待していましたが、織り込み済みだったのかそこまで株価は上がらなかったですね。

少し詳細を確認したところ、ヘルスケア事業のワクチン接種支援が増益に大きく貢献しているようでした。時代の流れに沿ったビジネス展開をしているのは良い事ですが、来年以降ワクチン接種支援で利益を上げられるかというと見通しがつかない部分はありますかね?

会員数が低下しているなどの懸念点もありますが、緊急事態宣言によるところが大きいです。

福利厚生というのは主に施設を割引で利用できるというたぐいのものなのでそうなっちゃうよねーといったところでしょうか。緊急事態宣言解除によりこれから伸びていくことを期待したいですね。

個人的には給与天引き決済サービス業にも注目しています。決済の市場規模は35.6兆円と非常に大きく、給与天引きというシステム上他の決済ではなかなかできないであろう給与差し押さえをやっているようなものですからね。とりっぱぐれる心配のない借金というのは強いと思います。

MSCI銘柄に採用された件

11月12日にベネワンがMSCI銘柄に採用されましたね。この日にベネワンは6000円と最高値更新をしました。ただ瞬間最大風速といったところでその後すぐに下げてます。

採用は決まったものの銘柄入れ替え事態は12月からとのことですが、ここでベネワンが上がるかと言われると自分的には微妙だと見ています。

一つの指標にはなりそこから資金の流入もあることはあるんでしょうが、株価を押し上げるほどではないと思っています。

これからの方針について

とりあえずベネワン個別で悪いニュースが出てるわけではないのでとりあえずは保有を続けていきたいと思います。

ただ最近の日経平均はいまいち伸び悩み、地合いが悪いことは確かなので楽観も出来ない状況ではあります。信用取引分はそれなりに利益が乗っているので背負ったリスクに見合った含み益を少し確定してもいいんじゃないかなとも思います。

まあ適当にうまくやりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。